葬儀の遺影写真の基本

葬儀で使う遺影を選ぶ

葬儀で大切な遺影を選ぶコツ

葬儀で遺影に使用する写真の選び方のコツとしては、やはり大きく引き伸ばすわけですからお顔の表情がはっきりとわかるピントの合った写真がおすすめです。そしてかつてはキリッとした表情が好まれましたが、近年は柔和で穏やかな表情のものが選ばれることが多くなってきています。また最近のコンピューター技術を駆使すると、元となる写真がたとえ白黒であってもカラーに直すことが可能ですし、身に着けている衣服を葬儀の遺影にふさわしいものに変更することももちろん可能となっているのです。ですので写真をあまり残されなかった方の場合でも安心できるのです。

遺影の選び方のポイント

葬儀に使用する遺影の選び方ですが、急な事でどれが良いのか決められなかったりするものです。何枚か見繕ったら葬儀社の方に選んでもらっても良いでしょう。その時に、故人がなるべく大きく写っているもの、5年以内に撮られたものを使うようにします。また、帽子をかぶっていたり、肩からカバンなどを提げているものは避けましょう。写真の加工技術も発達していますので、家族や友人たちと一緒に写っていたり少々首を傾げて写っていても大丈夫です。最近では、終活の一環として遺影写真を前もって撮っておく人も増えています。病気や介護生活が長引くと、おしゃれをして写真を撮る機会が減ってしまいます。元気なうちにきれいに着飾ってプロに写真を撮ってもらうサービスが人気を集めているようです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で使う遺影を用意する All rights reserved