葬儀の遺影について

葬儀で使う遺影を用意する

高齢者の葬儀で使う遺影について

一般的な葬儀には、遺影を用意する必要があります。式場でおこなう場合には、本人が生前に選んだものを使ったり、家族が選んだ写真を担当者に渡すと、それを引き延ばして用意してくれます。ところで、高齢者が亡くなり、家族が葬儀用の遺影に使うの写真を選ぶ場合には、少し若いころの写真を使ってみてはいかがでしょうか。年齢を重ねても若々しく、式に参列してくれた方々がしめやかな気持ちになれる写真であれば、特にその必要はないかもしれません。しかし、もしも病気などで衰えてしまっている写真が最後のものであるときには、少し若くて楽しげな写真を使うのも良いものです。

葬儀での遺影の用意について

葬儀での遺影は、故人の最後の挨拶としての意味があります。遺族や参列者にとっても遺影を見ることで、故人との思い出がよみがえり、感謝を伝えることが出来たり、見守られている安心感が得られます。生前にご自身で用意されている方もいますが、そうでない場合には個人の人柄を感じさせられる自然な表情のものが良いです。葬儀が終わった後もその写真によって、残された家族が癒されたり、故人との絆をつなぐものとして大切にするものです。故人の写真を見て、生きている家族を天国から優しく見守っていてくれると感じると、生きている家族たちは故人の分も一生懸命に生きようと思えるのです。

遺影の用意や選び方の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀で使う遺影を用意する All rights reserved